静岡県のロックバンド、「ツクヨミ」公式ウェブサイト

ツクヨミのギター兼庶務の児玉と申します。

ツクヨミ1st mini albumテノヒラ。
制作の模様などをご報告させていただきます。

ドラム録音

レコーディングのはじまりはまずドラム録音から。
2010年の11月に行いました。

いつものようにお座敷にタマ・スタークラシックブビンガオムニチューンをセットして作業を開始。

ライブでは使えない(荷物が増えるので)ような多彩なシンバルが使えたり曲ごと変更できるのがレコーディングの強み。

今回はハイタム、ロータムのサイズにコントラストをつけてみました。

ドラム録音2

一日で全て録りきってしまいましょうということで張り切る風景。

ハイハットの左側にあるMAX STAXもどきはビリーヴや夜空のスピカでお聴きいただけます。

シンバルマニアということもあって作品では是非シンバルの音色を活かしたいと思いミックスしましたがいかがなものでしょう。

ビリーブでスプラッシュとして使っているパイステのフランジャーベルはとても印象的なサウンドとなっております。

◆機材紹介

ドラムセット:タマ・スタークラシックブビンガオムニチューン

ハードウェア:ドラム用は極力パール。マイクにはK&M キックにはエンハンスドオーディオのマイクホルダとK&Mの超重量マイクスタンド。

スネア:クラヴィオット・バーズアイメイプル

ペダル:アイアンコブラのツイン

ヘッド:タム&スネア REMOファイバースキン キック:REMOパワーソニック

シンバル:Paiste RUDE クラッシュ&チャイナ ディメンジョン22"ライド 2002 24"ライド 2002 20"チャイナ
SABIAN MAX STAX SABIAN RADIA 12"ハイハット Paiste メガカップチャイム フランジャーベル

マイク:スネアにSM57とAKG C451 タムにゼンハイザーMD421(クジラ) キックにEV RE27 トップにAKGC414ステレオペア

ケーブル:キックとスネアトップにZAOLLA純銀ケーブル おあとはカナレとノイトリック

マイクプリ:キックにフォーカスライト おあとはMTRデフォのもの。

ちなみにススム氏がライブで使用しているアイテムを除いてスネアも含めて全て児玉所蔵のアイテムです★

パーカッション録音

パーカッションのYU氏が加入される前のレコーディングだったので作品では児玉がパーカッションを叩いております。

余っているフロアタムにヴェックルモデルのシンバルを載せてみたり、一斗缶をひっぱたいてみたり。

ドラムだけでは出せない独特の雰囲気が追加されます。

作品では少々音量小さめですがどうぞ発見してみてください。

アソビゴコロ

いろいろな場所にシーケンサーやスクラッチの音が入っていますが、これは大部分iPadで行いました。

 

 

 

編集・ギター録音

編集作業は児玉の自室、なごみスタヂヲで行われます。

このご時世にもかかわらずDAWではなくMTRです。

ギター及びベースはライン録音したものを持ち寄って爆音でリアンプします。

これにより大音量でテイクを重ねるストレスから解放されて快適度UP。

 

リハーサル

レコーディング期間中に迎えるツクヨミ初のライブ。

うまくいけばいいなー的なあれでリハに励むメンバーご一同。

EX-PROのフロアワイヤレスとかが複数ある景色もたまにはいいでしょう★

 

ミーティング

ツクヨミのミーティング。

肝心な内容は2分で話し終えて、おあとはろくでもないことばっかりで盛り上がっております。

 

 

初ライブ

レコーディングが終わる気配もなく初ライブを迎えます。

いまのところは紙媒体は一貫してホワイト。

貼り出す際にインクが減らなくて助かります。

 

 

ベース録音

弦楽器は各自自宅にて孤独にレコーディング。

ベースは自宅ではAVALONのアンプでレコーディングしてきていただきました。

愛用機材による実質的なクオリティはもとより、そのプラシーボ効果もツクル・キクの大きな楽しみでございます。

ベース録音2

なごみスタヂヲが古典的なMTRであるのに対してベースの自宅はキューベースをご使用。

なごみスタヂヲでもDAWを導入しようか検討して早数年。

 

 

ベースのリアンプ

演奏で煮詰まってなんとも言えない嫌な空気になるのが特徴のレコーディングを至福の結果発表タイムに変えることのできるリアンプ。

データはあらかじめスカイプで送ってもらい、当日は「音作り」のみ。

こちらの方が音に専念できます。

ライン、マイク二種類を収録。

このベースアンプは一家に一台ですね★

ちなみにリアンプの上に乗っかってる黒い物体はGe3というオーディオアクセサリメーカーの「丸」というオカルト(失礼)アイテムで、「半径八センチ以内のものを高品質化させる」という効果があります。

眉唾ですが、音質のいい方向への変化が一目瞭然です。

レコーディングへのオーディオアクセサリの導入の効果の高さに笑いが止まりません。

ベースのリアンプ2

なごみスタヂヲではいつもマイクはEV RE27を使用。

オヤイデのTUNAMIケーブルを電源とマイクケーブルに使い、マイクプリはフォーカスライト。

作品中のベースでは音量というよりもラインとマイクの音量バランスでミックスさせていただきました。

どちらもしっかり役割があっていいですね★

ライブではステージ上がオレンジだらけで素敵すがベースの録音にはEDENの方が良い結果が得られます。

使い分けるって大事ですね。

お酒つながり

ツクヨミベーシストはウイスキーのスペシャリストで、キーボードは日本酒。

ドラムとギターはビールばかり飲んでいます。

 

 

 

麺つながり

昔はライブと言えば牛丼でしたがツクヨミは麺が多いです。

全てを解決する魔法の食品、麺。

素晴らしいですね。

 

 

新たなメンバー

結成当時からキーボードを入れたいとkyoが言っており、児玉はパーカッショニストが欲しいと考えておりました。

ありがたいことに新メンバーが加入して表現の幅が一気に広がりました。

 

 

6人編成へ

ステージは狭くなりましたが音は広くなりました。

 

そいえばレコーディング中でしたね。

 

 

ヴォーカル録音

さすがに歌はリアンプできませんのでおうちで録音となります。

SEエレクトロニクスの遮音カバー、エンハンスドオーディオのマイクホルダーに金属製ポップガード、それにウォールナットの譜面台。

ステッドマンの金属製ポップガードの魅力は、大勢のヴォーカリストが息を吹きかけるポップガードを水洗いできるということで精神衛生上非常に有利ということです。

リハスタで強烈なスメルのマイクと巡り会うと悲しさに胸が熱くなりますよね★

まあ、いつもの組み合わせです。

マイク

わかる人にはわかりますがレア物のマイクです。

C414リミテッドエディション!!

マイクの後ろにあるのはオーラレックスのチューニングアイテムです。

高砂製作所のマイクスタンドが欲しい今日このごろです。

飛び道具録音

要所要所にスクラッチやら効果音やらのシンセではない電子音が入っております。

ありがたいことにiPadひとつでたいていのことができます。

ライブでも使えるかもしれませんね★

 

デザイン

ジャケットを即効で制作し、jpgでメンバーに送って添削してもらう作業。

どんなに余裕があると言っても入稿の際にはばたつくものです。

イラストレーターをフォトショップの使い勝手ですが、i7はもちろんのこと14GメモリとSSD Cドライブのおかげでずいぶんむちゃぶりが効くようになりました。

 

 

 

 

プレス工場入稿とマスタリング

オールインワンの利点であり困ったところは複数作業を同時にできるということでっす。

マスタリングしながらプレス工場と打合せして無事に入稿することができました。

なんとかレコ発ライブに間に合うようのうひんしていただけるとのことでホッと胸を撫でおろしたのでございました★

是非お手にとって中低域の温かみをご堪能ください★

納品

内心ヒヤヒヤものでしたがおかげさまで無事にライブに間に合うよう納品されました。
スリーブケース付きなので厚みがあり、ひと箱には88枚くらい。
そして恐怖のダンボール6箱。
どーすんだコレ。

 

 

開封

スリーブケース入り、ピクチャーレーベル、8ページフルカラーブックレット銀盤で1000円!

スリーブケース入り、ピクチャーレーベル、8ページフルカラーブックレット銀盤で1000円!

スリーブケース入り、ピクチャーレーベル、8ページフルカラーブックレット銀盤で1000円!

いろいろありますが入稿やりますと「ピクチャーレーベル」というものにそれほどプレミアム感を感じなくなります。

ほんでもってスリーブケースというものにはプレミアム感を感じるようになります。

是非ひっくり返してケースから出してみてください★

と、まあ、そんなかんじでございます。
お聞きいただきながらご覧いただければ幸いに存じます★

録音風景

テノヒラのレコーディング風景をどうぞ。

手描きの楽譜

「テノヒラ」のギターソロのTAB。
play?

ダウンロード

「テノヒラ」iTunesでどうぞ。

児玉のインスタグラム♪

ツクヨミ音楽祭第三章

2013年11月17日静岡SUNASHにて、主催イベントとなるツクヨミ音楽祭第三弾を催そうと思います★

その他のライブやイベントの詳細などは目下調整中です★

2013年07月04

ツクヨミ

ツクヨミ・静岡のポップでキュートなバンド

ヴォーカル みずほ


ツクヨミオーナー

ベース kyo


twitter blog
ツクヨミリーダー mixiページ管理人

ギター兼サンプラー 児玉龍典


twitter officialweb
web管理、recエンジニア、Facebookページ管理人

キーボード トモミ


twitter
ツクヨミサブリーダー

ドラム ススム


2008年結成。
結成から初のリハまで約一年。
初ライブまでは約三年の「ポップでキュート」な脱力系バンド。
2011年よりライブ活動開始。

ツクヨミ御多忙表

・13 2013. 6.8 静岡SHNASH「HDS」パーカッション YU 脱退
・12 2012. 11.3 静岡SHNASH
・11 2012. 7.28 静岡SHNASH 「オメガ祭り」
・10 2012. 6.24 静岡SHNASH 「METAL BURST」
・9 2012. 5.20 静岡SUNASH 「ツクヨミ音楽祭第二楽章」
・8 2012. 4. 7 静岡SUNASH hyper trap records 天燐主催「百花繚乱〜第2章〜」ショートツアーファイナルイベント
・7 2012. 2.25 静岡SUNASH 栗山主催&企画音楽イベント『Anybody Listeing?』
・6 2012. 1.15 静岡SUNASH FOURTH CRATCH企画「斬」
・5 2011. 12.17 静岡SUNASH 1st.mini album「テノヒラ」発表「旋風 〜Infiniteloop ∞〜」 IZANAGIレコ初記念ライブ
・4 2011. 10.22 静岡SUNASH パーカッションにてYU 加入
・3 2011. 9.18 静岡SUNASH キーボードにてトモミ加入「ツクヨミ音楽祭」
・2 2011. 6.19 静岡SUNASH
・1 2011. 4.24 藤枝KOKOPELLI「ROCK START」

このサイトについて

◆このサイトは児玉龍典がコーディング及び管理する静岡県のバンド「ツクヨミ」のオフィシャルウェブサイト「tsukuyomi.asia」です。

◆このサイトはsafariおよびchrome、webkitレンダリングエンジンで製作者の意図したデザインとなります。

◆利用プログラム
・php
HTML5 Powered with CSS3 / Styling
MySQL
MagpieRSS
jquery
spry
・cssグリッドシステム

バス・ブースト

Subscribe to RSS headline updates from:
Powered by FeedBurner

ブックマーク

OMEGAΩBOOST
real-tension
夢音
CLACK-NASH
Lyrical Life

The Rowet
IZANAGI
FOURTH CRATCH